清 麗蘭

麗蘭原画.jpg
名前
清 麗蘭(せい れいらん)
種族
人(神人)
地位・出自・呼び名等
聖安帝国第一公主/四代目神巫女(光龍)
出身
聖安帝国
年齢
「荒国に蘭」:生誕~14歳 「金色の螺旋」:16歳
概要
聖安の帝位継承者であり、天帝に仕える神巫女。
甬帝と聖妃(恵帝)の一の姫だが、珠玉の手から逃れるため風友に預けられ、己の出自を知らずに山奥で育つ。
光龍の使命を果たす為、風友のもとで武術と神術の修練に勤しみ、大人達に交じって妖を討伐する程までに強く成長。優花は同門であり唯一の親友。
蘢とともに蘭麗を救う旅に出て、魁斗と仲間になる。旅の途中、玄武率いる海賊との戦いや青竜との戦いを経て成長し、聖地珪楽では光龍を継ぐ者として認められ神剣天陽を継承した。
外見
身長168㎝、太陽色の髪に深紫色の瞳。絶世の美少女だが本人にまるで自覚がない。余りに美しく神聖さを感じさせるためか、かえって邪な眼差しを向けられにくい。
能力・武器等
幼少時からの修行によって、光龍としての能力を十分に高めてきた。得意とするのは弓と剣。
聖地珪楽で継承した神剣天陽を振るう。
初登場
「荒国に蘭」一章一話

  • 最終更新:2017-03-26 16:14:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード